読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊フロクロ新聞

フロクロブログ。

アンビグラム研究#2『地と海と』

2語によるアンビグラムを考えるとき、やはり対になる概念のペアを探すことが多い。文字の向きを反対にすると意味も反対になる、というのは構造上うつくしい。

f:id:frog2696:20170416000233j:image 

「海」の対概念は「陸」「山」「川」などがあるけれど、上の画像(2015年7月の作)は「海」と「地」をペアにしている。画数も近くて作りやすそうだ、と思いきや、海と地を「氵+毎」「土+也」と考えると、右側にある「毎」と「也」が似ているため180°回転がむずかしい。よって、もっと大きなスケールで捉える必要が出てくる。画像の海/地は字画を切ったり余分に繋げたりして融通している。

 

 

海と地でもいいけれど、やはり一文字だけだと寂しいもの。なにか膨らませようとしていたところ、ひらめいた。

 


f:id:frog2696:20170416000949j:image

真ん中に元から点対称の「中」を入れることで、地中海が完成した。「地」と「海」が対概念で、真ん中に「中」。

 

こう見ると地中海もうつくしいものだ。「ナポリを観てから死ね」と言いたくなる気持ちもわかる。わからん。