読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊フロクロ新聞

フロクロブログ。

アンビグラム研究#3『キがつけば新生活』

年度始めでてんてこ舞いになりながら始めたブログですが、読者も増えスターも頂き(このへんのシステムはブログ始めてから知りました)モチベーションになってなんとか続いております。ありがとうございます。まずは1ヶ月目標で。

 

 

などと言いつつ早速この前サボった分の埋め合わせ記事。

今月から新生活、という人も多いと思いますが、今回はそのアンビグラム

 

f:id:frog2696:20170418221530j:image

新生活 180°点対称(2016年3月)

去年の春の作。さんずいのカタチがポイント。氵の3画目は手書きだと上に大きく跳ねることも多い。そういう手書きの崩れをアンビグラムに組み込むと、自然と読めたりする。

「新」にも含まれてるように、「木」は結構柔軟で……え〜と何か良い例ないかな……

 


f:id:frog2696:20170418222052j:image

昭和 180°点対称(2016年4月)

これの「和」の「禾」も手書きの字画の繋りを使っている。

そういえば、結局新元号はどうなるのでしょう。「Hey Say JUMP!」は解散するのでしょうか。気になるところ。話が逸れました。

他に回転して気になる、もとい木になる作は……

 


f:id:frog2696:20170418222455j:image

極楽 90°回転(2016年4月)

この「極」「楽」のそれぞれの木は、どちらかというと活字フォント風味。木に見えるかと言われるとびみょーだけれど、他のパーツとの抱き合わせ商法で読ませている。

 


f:id:frog2696:20170418221530j:image

 と、というわけで再び新生活を見ると、かなり素直なアンビグラムに見えますね。

新生活、何かと木がかり、もとい気がかりですが、頑張って参りましょう。