ほぼ不定期フロクロ新聞

フロクロブログ。

「アンビグラム」って何?

こんにちは。アンビグラム作りが趣味のフロクロです。

突然ですが、皆さんこの「アンビグラム」というモノをご存知でしょうか。

最近ちょくちょくネットで話題になるので知ってる方もいるかもしれませんね。アンビグラムを知らない方は、スマホタブレットなどの"回せるデバイス"でこの記事を読んでいただけると幸いです。

今回はこのアンビグラムとは一体何なのかを、分類や作品の紹介を交えてつらつら書いていきたいと思います。

 

 

アンビグラムの定義と分類、具体例】

f:id:frog2696:20180110215500j:plain

上にある文字、読めるでしょうか。

 

「すみません」ですね。

 

実はこの文字列、180度回しても読めるのです。スマホを回したりして確認してみてください。(上のは拙作です)

そして、このような作品は「アンビグラム」と呼ばれており、これを大雑把に定義すると「2通りの方法で読むことができる文字図案」を指します。

定義だけだとよくわかりませんね。アンビグラムのバリエーションを分類しつつ、以下でアンビグラム作家の方々による具体的な作例を見ていきましょう。

 

①180度回転型

 一番有名でオーソドックスなタイプ。上の拙作「すみません」もこのタイプです。

ひっくり返しても同じ語になるモノと、別の語に変化するものがあります。

https://image-sign.tumblr.com/post/161308892613/逆転-意瞑字査印-アンビグラム-さかさ字

image-sign.tumblr.com

意瞑字査印さん作の「逆転」。逆転しても逆転のまま、という自己言及の利いた作品です。

 

https://image-sign.tumblr.com/post/161308744693/たぬきそば-きつねうどん-意瞑字査印-image-typography-sign

image-sign.tumblr.com

同じく意瞑字査印さんの「きつねうどん/たぬきそば」。ひっくり返すと入れ替わります。名作ですね。

 

②90度回転型

くるっと回るだけでなく、倒すと別の言葉、別の字になるタイプもあります。

 

ambigram-lab.tumblr.com

 igatoxinさんの『倒/起』。これも自己言及を含んだ名作です。

 

 

http://ambigram-lab.tumblr.com/post/158588949366/trumpetトランペット-90度回転変換によるアンビグラム

ambigram-lab.tumblr.com

 

kawaharさんの『TRUMPET/トランペット』はアルファベットを90°回すとカタカナになるというもの。見事です。

 

 

③鏡像型

 読んで字の如く「鏡写し」にすることで別の字が現れるタイプです。

 

ambigram-lab.tumblr.com

igatoxinさんの『送信/受信』。絶妙なデザインによって見事な可読性を保っています。

 

www.pixiv.net

鏡画家さんの『梅花』は、一見普通の文字に見えますがよく見ると斜めに線対称になっています。45°傾けて見るとわかるかもしれません。

 

④振動型

 「2つの文字を揺れ動く」ので振動型。回したり写したりせずに、2通りの文字が見えてくるタイプです。

 

 igatoxinさんの『妹/姉』は、見ていると2つの文字の間を揺れ動きのどちらなのかわからなくなります。

 

⑤図地反転型

有名な「ルビンの壷」の文字バージョン。2つの文字がパズルのピースのようにピタッとはまるタイプです。


igatoxinさんによる『深淵』。「深」を反転し白黒逆にすると「淵」になります。非常に美しい作品です。

 

http://ambigram-lab.tumblr.com/post/161268767241/生死-図と地反転のアンビグラム

ambigram-lab.tumblr.com

oyadge01さんの『生死』。これも無駄がなく美しいです。

 

 ロボットさんの『洞窟物語』は2文字の図地反転。スゴイですね。

 

 

 

他にもありますが、とりあえずはこのくらいにします。日本語アンビグラムには他にもまだまだたくさん名作傑作がありますので、ぜひ調べてみてください!

 

 

追って加筆修正します。