ほぼ日刊フロクロ新聞

フロクロブログ。

ご無沙汰しております。

こんにちは。ご無沙汰しております。フロクロです。

 

毎日アンビグラムを貼るブログを作りました。よろしくお願いします。

http://2696amb.hatenablog.com/

 

(ここはどうするんだ!日刊とは何だ!!)

 

積読録4/25 ピーター・シンガー、寺田寅彦ほか

読んだ本だけじゃなくて買った本も記録しよう。

 

積読録4/25 in神保町

三省堂書店(値段は税抜)

 

ピーター・シンガー『あなたが世界のためにできるたったひとつのこと』(NHK出版)1700円

 

田中圭一『うつヌケ』(角川書店)

平積み。Twitterでも気になってたので買い。

 

以下アウトレット本(自由価格本)

・志村史夫『漱石と寅彦』(牧野出版)900円(定価2000円)

物理学者であり文筆家の寺田寅彦は文と理の調和を目指していた。文理融合は自分の課題でもある。

 

山名文夫『体験的デザイン史』(誠文堂新光社)1300円(定価3000円)

 

 

○澤口書店(古書。値段は税込)

 

三好達治『測量船』(500円)

 

三好達治『月の十日』(500円)

三好達治がすき、という人がいたので、わたしも読んでみる。

言葉遊びと言葉収集#2「虫食い英単語②」

前回の記事の正解発表〜

 

A1.

○×T□××○□ → ANTENNAE (触覚 ANTENNAの複数形)

 

A2.

×●△△E□□●U× → MILLENNIUM (千年 ミレニアム)

 

A3.

○□△○L□△○T□N△ → HIGHLIGHTING (強調)

 

A4.

●▲△■▲●●R■▲△ → ENGINEERING (エンジニアリング)

 

A5.

▲×A×□ of ×□△△□▲▲□□ → STATE of TENNESSEE(テネシー州

 

どうでしたか!

言葉遊びと言葉収集#2「虫食い英単語①」

4/24追記 間違いがあったので修正しました

 

【虫食い英単語】

突然ですが問題です。

 

C O ○ ○ I ● ● △ △

 

同じ記号には同じアルファベットが入ります。この英単語は何でしょう。

 

チッチッチッチッチ・・・ブー時間切れ。

 

正解は「COMMITTEE(委員会)」でした。

このように、すでに見えている文字と

「同じ記号には同じ文字が入る」という条件から英単語を当てるクイズが

「虫食い英単語」です。

今回これを5問用意してみました。シンプルですが中々骨もあると思います。

では、どうぞ。

(記号は問題ごとに特有のものと扱ってください。辞書使ってもいいです。)

 

Q1. ○×T□××○□

 

Q2.×●△△E□□●U×

 

Q3.○□△○L□△○T□N△

 

Q4. (難)

●▲△■▲●●R■▲△

 

Q5. (難)

▲×A×□ of ×□△△□▲▲□□

 

どうですか。答えは、明日!(時間稼ぎ)

「音読」

「音読」という言葉は、ややもすれば「おんよみ」と読んでしまいそうだ。

 

むしろ、「音読み」の「読み」は「音読み」ではないのだから、「おんどく」の方が本当に「音読み」らしいのかもしれない。

 

逆に「音読」の反対の「黙読」も「音読み」なのが面白い。

 

「訓読み」の「訓」も「音読み」だけど。

飲茶『哲学的な何か、あと科学とか』を読んだ。

幾分前にサイト「哲学的な何か、あと科学とか(http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/index.html)」を見たときは、結構な衝撃を受けた。「物理学って、突き詰めるとこんな哲学じみたモンだったのか……」とか「"いずれ科学で何でも証明される"なんてのは幻想なのか……」とか。

 

飲茶『哲学的な何か、あと科学とか』(二見文庫)は、そのホームページが書籍化したものが文庫化したもの。ホームページの中身と被るところも大きいが、やはりわかりやすく面白い(そしてホームページよりずっと見やすい)。書店でたまたま見かけて、「この人のサイト昔覗いたな」と思いおととい買ってみた。

 

物理学から数学、量子力学など一見範囲は広いが、これらはすべて哲学と隣り合わせ……ということが本の中で明らかになっていく。

 

以下、面白かった部分を引用する。

 

……と、言いたいところだが、この著作を一部切り取るのは難しいし、何より内容を紹介するなら上記のサイトを見てもらえばいいのだ!というわけで、是非サイトを見てくれ!(職務怠慢だ!!(うるせぇ!!!))

 

ところで、本の中に「どこでもドア」を使った思考実験が登場する。「ドラえもん」や「のび太」も平然と登場するが、これは果たして著作権的に大丈夫なんだろうか?

 

……とここで先日の「福井健策『著作権とは何か』を読んだ。(http://2969.hatenablog.com/entry/2017/04/15/235059)」を振り返ってみると……キャラクターの名前や設定は著作物とはならないのだ!

というわけで、ドラえもんのび太の名前や設定は無許可で使えるんですね。

などと、前に読んだ本と結びつけたりしてみました。

 

この本を読めば、なんとなく持っていた「常識」がガラガラと音を立てて崩れ落ちること請け合い。

アンビグラム研究#3『キがつけば新生活』

年度始めでてんてこ舞いになりながら始めたブログですが、読者も増えスターも頂き(このへんのシステムはブログ始めてから知りました)モチベーションになってなんとか続いております。ありがとうございます。まずは1ヶ月目標で。

 

 

などと言いつつ早速この前サボった分の埋め合わせ記事。

今月から新生活、という人も多いと思いますが、今回はそのアンビグラム

 

f:id:frog2696:20170418221530j:image

新生活 180°点対称(2016年3月)

去年の春の作。さんずいのカタチがポイント。氵の3画目は手書きだと上に大きく跳ねることも多い。そういう手書きの崩れをアンビグラムに組み込むと、自然と読めたりする。

「新」にも含まれてるように、「木」は結構柔軟で……え〜と何か良い例ないかな……

 


f:id:frog2696:20170418222052j:image

昭和 180°点対称(2016年4月)

これの「和」の「禾」も手書きの字画の繋りを使っている。

そういえば、結局新元号はどうなるのでしょう。「Hey Say JUMP!」は解散するのでしょうか。気になるところ。話が逸れました。

他に回転して気になる、もとい木になる作は……

 


f:id:frog2696:20170418222455j:image

極楽 90°回転(2016年4月)

この「極」「楽」のそれぞれの木は、どちらかというと活字フォント風味。木に見えるかと言われるとびみょーだけれど、他のパーツとの抱き合わせ商法で読ませている。

 


f:id:frog2696:20170418221530j:image

 と、というわけで再び新生活を見ると、かなり素直なアンビグラムに見えますね。

新生活、何かと木がかり、もとい気がかりですが、頑張って参りましょう。